*

review

逃げた女

text
夏目深雪


短い髪のキム・ミニはまた違う種類の艶めかしさを纏う

まずキム・ミニの髪が短いのに驚く。

キム・ミニは凄い美人というよりも、長く艶やかな髪を結った時の美しさや、額やうなじにかかる後れ毛の色気、薄い胸板と細い腰、長い脚などスタイルのよさが魅力の女優だ。

それらが何とも言えないたおやかな女らしさを醸し出していて、男を狂わせる女の役柄に説得力を与えていた。

ショート・ソバージュのキム・ミニは髪に宿った男を惑わす魔力を封じ込められているようだ。

彼女が演じるガミと男性との関係は「仄めかし」以外は存在しない。
この映画で主に描かれるのは三人の先輩や昔の女友達との、男とのままならぬ関係を基盤に醸し出されるシスターフッドである。

  ホン・サンスの描くテーマは毎回似通っていた。
知識人(多くは映画監督)の男が女に恋をする。

多くが不倫関係である。
彼らの道ならぬ欲情が映画を動かす燃料であり、そこにたとえパラレルワールドや反復の中の差異があろうと、ホン・サンスは常に波乱万丈な男女関係を描いてきた。

変化の予感を抱かせたのは「草の葉」(18)と「川沿いのホテル」(18)だった。
初めての群像劇とでも呼べる前者と、男女は淡い接点しか持たず(まさかの)「老い」がテーマ? と思わせる後者。

「逃げた女」の3番目のエピソードでは昔の女友達と妖しい雰囲気にもなり、「お嬢さん」(16)でキム・ミニをこのうえなくエロ美しく使い倒されたパク・チャヌクへの(今さらの)意趣返しかと思いきや、その方向にはいかない。

この映画の素晴らしさはキム・ミニの首もとで切り揃えられた髪のように、肝心なことを描かないところにある。

何を描かないか。
ガミの過去を、どうして5年間、1日も離れなかった夫のもとを去り、先輩たちの家を点々としているのか。

この映画では男女関係は後景になっている。
にもかかわらず、女たちの悩みやコイバナを聞く、短い髪のキム・ミニはまた違う種類の艶めかしさを纏っている。

何を考えているか分からない、彼女の一挙一動に目を離せない、ミニマムなホン・サンスマジックは変わりがない。

いつも同じことを描きながら、でもどこかが違っていたホン・サンス。
彼が違うことを描き始めた。

それはキム・ミニとの公私に渡る関係や、韓国のフェミニズム・ブームの勢いが影響しているのだろう。

今までの全ての作品がこの作品のための習作とでも言いたくなるような、その省略と形式の洗練を武器に、これからどんどんすごい作品を撮ってくれる予感を抱かせてくれる傑作である。


逃げた女
監督・脚本・編集・音楽:ホン・サンス
出演:キム・ミニ/ソ・ヨンファ/ソン・ソンミ/キム・セビョク/イ・ユンミ/クォン・ヘヒョ/シン・ソクホ/ハ・ソングク
韓国 2020年/77分

配給:ミモザフィルムズ
© 2019 Jeonwonsa Film Co.

6月11日(金)より ヒューマントラストシネマ有楽町 新宿シネマカリテ UPLINK吉祥寺 ほか全国順次公開


「作家主義 ホン・サンス」公式サイト


<関連記事>
A PEOPLE CINEMA/作家主義 ホン・サンス
review/12色のホン・サンス
A PEOPLE CINEMA/作家主義 ホン・サンス「カンウォンドのチカラ」
A PEOPLE CINEMA/作家主義 ホン・サンス「オー!スジョン」
A PEOPLE CINEMA/SHIBUYA TSUTAYA × ホン・サンス コラボレーション
review/逃げた女
A PEOPLE CINEMA/ホン・サンスと女優 オ・ユノン、イ・ウンジュから、キム・ミニまで

フォローする