*

パク・ヘイル × シン・ミナ
「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」の軌跡 ⑦
パク・ヘイル「神弓 –KAMIYUMI-」

パク・ヘイルが弓の達人を演じるアクション史劇。

物語の時代背景は1636年。逆賊の息子の汚名を背負って生きてきた男ナミ(パク・ヘイル)は、亡き父の友人キム・ムソン(イ・ギョンヨン)に義理の息子としてかくまわれて生きてきた。ある日、妹ジャミン(ムン・チェウォン)がムソンの息子ソグン(キム・ムヨル)と婚姻関係を結ぶことになったが、婚礼当日、清軍が乱入。史実に有名な丙子の乱の勃発であった。無慈悲にもムソンを殺し、ジャインとソグンを連れ去った清の大軍に対し、ナミの武器は弓ひとつ。まさに命を賭した救出戦の幕開けであった。
 アクションに次ぐアクションの息もつかせぬ展開。そんな作風に抗うことなく、口ひげをしっかり蓄えたパク・ヘイルは、彼の出演作史上、最も動的かつ男性的なりりしさを発揮している。疾風のごとく野を駆け、馬を駆り、弓を引く。シンプルにカッコイイ。
 射的が正確なだけではない。必殺技もある。対象物が物陰にあっても射貫いてしまう「曲がる矢」。やじりが重く破壊力の大きいジュシンタ(リュ・スンリョン)率いる清の精鋭部隊の矢に対して、小ぶりなナミの弓が次々と危機を乗り越えていく様は痛快この上ない。
 時に「殺しが目的の矢ではない」などの名台詞もこぼれるが、もちろん柔和な素顔は隠せない。ここにあるのは気取った武人のそれというより、パク・ヘイルならではの親近感に裏打ちされた独自のヒロイズム。折々に見せる肉親への思慕が殺戮描写を超えて温かい。
 山場は敵の隊長との一騎打ち。一種の西部劇的スリルである。英雄譚らしい結末。
 スリルといえば、ジュシンタの部下ノガミ役で大谷亮平が出演。この大谷に対しても、パク・ヘイルは自らの「曲がる赤い矢」で見事に射貫いている。

文:賀来タクト


「神弓 –KAMIYUMI-」(2011)
監督:キム・ハンミン
出演:パク・ヘイル/ムン・チェウォン/リュ・スンリョン/キム・ヨムル/大谷亮平

「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」公式サイト


[関連記事]
パク・ヘイル × シン・ミナ「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」の軌跡

パク・ヘイル 第1回「グエムル 漢江の怪物」
パク・ヘイル 第2回「殺人の追憶」
パク・ヘイル 第3回「菊花の香り 世界でいちばん愛されたひと」
パク・ヘイル 第4回「初恋のアルバム 人魚姫のいた島」
パク・ヘイル 第5回「モダンボーイ」
パク・ヘイル 第6回「10億」
パク・ヘイル 第7回「神弓 –KAMIYUMI-」
パク・ヘイル 第8回「天命の城」

シン・ミナ 第1回「火山高」
シン・ミナ 第2回「美しき日々」
シン・ミナ 第3回「甘い生活」
シン・ミナ 第4回「Sad Movie〈サッド・ムービー〉」
シン・ミナ 第5回「今、このままがいい」
シン・ミナ 第6回「10億」
シン・ミナ 第7回「キッチン ~3人のレシピ~」
シン・ミナ 第8回「アラン使徒伝(サトデン)」

A PEOPLE CINEMA第2弾「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」
レビュー「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」
「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」 A PEOPLE TALK LIVE
PEOPLE / イ・ジュンドン
PEOPLE / チャン・リュル
チョン・ウンスク「慶州(キョンジュ)」映画紀行 第1回「慶州」という街